2014年03月09日

三原港の夜明け


 2011年12月10日撮影 ここ三原港に西方にある筆影山から見おろした眺望。

10月〜12月辺りまで 三原市の南側を西から東に向かって流れる沼田川から霧が発生し、瀬戸内の海へ流れ込む。

これを撮りたくてこの日で2度目の訪れだった。この筆影山は沼田川を渡り南側から民家の間を縫って登って行く。

目標の時間が明け方であるので当然、登るのは夜半3時頃には到着する。途中、民家の間を通過する時、山から

降りて来て畑で食事中の大きな猪と出会う。この図体の上、振り向きざま眼を不気味に光らせてこちらを一瞥する。

こちらは車の中、生身ではないが、体当たりされた日には正直負けるかもしれないと恐怖心が起った。

いずれにしろ、目の前で動いているのを見ると圧倒されてしまい、相手を刺激しないように静かに別れた。


登り始めてから道は少し狭いが、頂上までは舗装されている綺麗な道。頂上には駐車場が整備されており10台余りのスペースがある。

但し、トイレは登上 中ほどの一ヶ所しかないので、そこで用を足してから登るより他はない。






三原港の暁光




三原港の夜明け


正面奥の左寄りの橋は尾道〜向島間 しまなみ海道の大橋。


今回も気温が思ったほど下がらず、冴えない。地元のカメラマンからもあまり良い言葉は出ない。


Nikon D300 / renz: AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED / 24mm / f=6.3 / ss:360.4sec / manual / ISO:200






瀬戸内の海霧




海霧


とりあえず、申し訳程度出てくれた。


実際この年は海霧の発生状況は良くなかったらしい。何とか少しでも見せてくれた事に感謝したい。


Nikon D300 / renz: AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED / 70mm / f=6.3 / ss: 1/200sec / manual / ISO:200





いつも朝陽や夕陽もそうだが、ワクワクして準備をしながら待つ時間が良い。目的があるのでもちろん結果は大事だが、


同じ目的を持つカメラマンが横に並ぶ。コミュニケーションが生まれ、情報収集の場になる。これが一番楽しい!





posted by Hiro at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

日生虫明湾の朝陽と瀬戸大橋のサンセット


 2013年9月21日撮影 ここ備前 日生の虫明湾は朝日で有名なスポット。

中でも1年のうち、わずかな期間水平線と太陽の離れ際の様子を楽しむダルマ朝日が望める場所だと云う。

山陽自動車道 備前ICを下車して風光明媚な景色を眺めながら走れる岡山ブルーラインで虫明湾へ南下する。

もっとも朝日を撮りに行く時間であるので辺りは当然真っ暗ではあるが,時間にして1時間強くらいであろうか?

 湾に近づくと海に点在する無数の牡蠣筏を目にする。この辺りでは牡蠣を食べさせる店も多い。

邑久町虫明、この小さな港町の狭い道を通り抜け、海岸に突き当ってから左に迂回すると小高い山に登っていく。

山の中腹辺りに差し掛かると見晴らしの良い場所に山荘が2、3見えて来た。

そのうちの門構えの一番立派な山荘の横を潜って行くと、目的の絶景の湾が眼下に拓けて来る。

(スペースが無く、僅かな台数しか駐車出来ないのが難点だ。)






虫明湾の夜明け




虫明湾の夜明け


いつものように残念ながらこの日も水平線からの太陽は見えない。


ただ深く入り組んだ島々の狭間から登って来る太陽と点在する牡蠣筏の景色は何とも絵画のような素晴らしさである。


Nikon D3x / renz: SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM / 150mm / f=16 / ss:1/30sec / manual / ISO:100



虫明の迫門の曙見る折ぞ 都のこともわすれられにけり
posted by Hiro at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 岡山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

軍港都市 佐世保港


 久々に思い出した。昨年末から今年の年始の九州の旅を。

大分、福岡、佐賀から長崎の平戸を経て、佐世保へ入る。

前日の12月30日は伊万里で泊まったが、本旅で一番天気が悪くなり呼子ではとうとう雨に降られてしまった。

 夜明けの平戸 河内峠、霞んで景色は全く見えない!また雨も少し降り出した。

週刊予報でも年末年始の空模様、九州北部はあまりよくない。長崎の夜景や夕景を楽しみにしていただけに現地

に近づくにつれ、しだいに気が重くなって来る。嘆いても仕方が無い!ここ平戸のコインランドリーで洗濯しながら、

お茶が飲める時間まで待つ。平戸の六曜館で珈琲を飲ませてもらっている間に雨が上がって、晴れ間が出てきた!

 少し気も晴れて次の目的地、佐世保に向かう。ここも晴れている。

かなり霞んで靄っているのだが(これがPM2.5だろう!何とかならないものか?)

そんな事を思いながら、2年ぶりにまた来てしまった。長崎に!

 この九十九島の眺望、何度眺めてもいい。西海の地の光景にまたの来訪を誓って帰ろう。






佐世保 九十九島の夕景




九十九島の夕景。


さすがに強風が吹き荒れ、刻々と気温が低下しているのが身に滲みて判る。


Nikon D3x / renz: AF-S VR Zoom Nikkor ED24-70mm F2.8G / 24mm / f=11 / ss:1/40sec / manual / ISO:100



きみに教えよう 九十九島の 春の訪れを・・・・・
posted by Hiro at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

高縄半島(斎灘〜来島海峡〜今治)紀行


 2013年5月1日GW 帰省時に立寄ったと云うより、実家を通り過ぎて回り道をした先で撮った画像。

実家は愛媛の四国中央市(正確には家内の実家)。地理的には愛媛県の東の端、香川とのほぼ県境にあるので

現住所の大阪からすれば愛媛県では一番近い位置にある。今回の記事の高縄半島はその四国中央市から車

(高速道路走行)で約1時間くらいの場所だと記憶している。

 高縄半島の名称はあまり耳にしたことがなかったが、その半島の北東に位置する今治が有名なので、この辺り

を総称してこれまで今治市と勝手に解釈をしていた。

この半島の西側は遠くを伊予灘に続く斎灘を望み、夕陽では定評のある場所が多い。北側は広島 尾道を繋ぐ

本州〜四国 第三の橋しまなみ海道がかかっている。この辺りは前回の記事と同じく大小多くの島々が点在し、

狭小な海峡が出来て居る為、大河の流れのような激しい潮の流れが見られる。






来島海峡の夕陽




来島海峡の夕陽。大島の亀老山展望台より


右側の端が手前から来島海峡第一大橋と第二大橋。


しまなみ海峡大橋の真上に太陽が沈むのは8月頃のようだが、瀬戸内の海は霞む日が多い(撮影日:2008年12月28日)


Nikon D300 / renz: AF-S VR Zoom Nikkor ED24-70mm F2.8G / 32mm / f=11 / ss:1/50sec / AF / 補正0 /ISO:640



鳰がゐて 鳰の海とは 昔より
posted by Hiro at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛媛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

自然の洗濯機 渦潮


 ラーメンに盛りつけられるお馴染 鳴門巻き。御存知蒲鉾の一種だが、

ここ鳴門の渦潮にちなんだ蒲鉾である事は周知の事実である。 たまたま家内の実家で所用があったので

帰省する途中、鳴門に立寄ってこの渦潮を見てやろうと思い立った。(撮影は、2013年2月9日のもの)

 鳴門の渦潮を観たのは実はこの日が初めてで、日によって(正確には潮位の干満の大きさによって)渦潮の

巻きの大きさが違うのを知った。ちなみにこの画像の日はかなり大きな渦潮だったようである。

この徳島、鳴門は紀伊水道から瀬戸内海へと入り込んでいる中間に位置する。その間に淡路島があったり、

小さな島々によって狭くなったり、複雑な地形をしている。そのせいで湾内に流れ込むとても激しく、速い潮流

が見られたりする。






鳴門の渦潮




渦潮の道と遊覧船。


こちらも遊覧船からの眺めだが、間近で見るとかなりの迫力。


Nikon D3x / renz: AF-S VR Zoom Nikkor ED24-70mm F2.8G / 24mm / f=8 / ss:1/125sec / manual / ISO:100



続き・・・
posted by Hiro at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。