2014年02月23日

軍港都市 佐世保港


 久々に思い出した。昨年末から今年の年始の九州の旅を。

大分、福岡、佐賀から長崎の平戸を経て、佐世保へ入る。

前日の12月30日は伊万里で泊まったが、本旅で一番天気が悪くなり呼子ではとうとう雨に降られてしまった。

 夜明けの平戸 河内峠、霞んで景色は全く見えない!また雨も少し降り出した。

週刊予報でも年末年始の空模様、九州北部はあまりよくない。長崎の夜景や夕景を楽しみにしていただけに現地

に近づくにつれ、しだいに気が重くなって来る。嘆いても仕方が無い!ここ平戸のコインランドリーで洗濯しながら、

お茶が飲める時間まで待つ。平戸の六曜館で珈琲を飲ませてもらっている間に雨が上がって、晴れ間が出てきた!

 少し気も晴れて次の目的地、佐世保に向かう。ここも晴れている。

かなり霞んで靄っているのだが(これがPM2.5だろう!何とかならないものか?)

そんな事を思いながら、2年ぶりにまた来てしまった。長崎に!

 この九十九島の眺望、何度眺めてもいい。西海の地の光景にまたの来訪を誓って帰ろう。






佐世保 九十九島の夕景




九十九島の夕景。


さすがに強風が吹き荒れ、刻々と気温が低下しているのが身に滲みて判る。


Nikon D3x / renz: AF-S VR Zoom Nikkor ED24-70mm F2.8G / 24mm / f=11 / ss:1/40sec / manual / ISO:100





佐世保重工業 ドック




ここが撮りたかったSSKのドック。


佐世保の街の造船場。とんでもない迫力。


Nikon D300 / renz: AF-S VR Zoom Nikkor ED24-70mm F2.8G / f=11 / 32mm / ss:1/250sec / manual / ISO:200





佐世保港 護衛艦




 佐世保港 護衛艦。


 DDG176 ちょうかい DDG173 こんごうと云った名だたるイージス艦の後ろ姿が見える。


Nikon D300 / renz: SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM / 300mm / f=11 / ss:1/160sec / manual / ISO:200





護衛艦 あさづき




護衛艦 あさづき。




Nikon D3x / renz: AF-S VR Zoom Nikkor ED70-200mm F2.8G / 105mm / f=11 / ss:1/200sec / manual / ISO:100





佐世保重工業 ドック




もう一度、ドック。




バイパスの処にこんな場所があったとは・・・・・




Nikon D3x / renz: AF-S VR Zoom Nikkor ED70-200mm F2.8G / 78mm / f=11 / ss:1/250sec / manual / ISO:100




 護衛艦や軍艦に関して知識など全く皆無であるが、この重々しくも威厳のある姿に一目で惹かれてしまった。

佐世保競輪場付近の護岸からの撮影である、こんなにもマジマジと眺めたのは初めてだが、思わず吸い寄せられてしまう。

こんなにも吸着力を持った標的も中々珍しい!

 子供のような目を持った壮年の親父の旅はまだまだ続くのである


posted by Hiro at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/389549637
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。