2014年03月09日

三原港の夜明け


 2011年12月10日撮影 ここ三原港に西方にある筆影山から見おろした眺望。

10月〜12月辺りまで 三原市の南側を西から東に向かって流れる沼田川から霧が発生し、瀬戸内の海へ流れ込む。

これを撮りたくてこの日で2度目の訪れだった。この筆影山は沼田川を渡り南側から民家の間を縫って登って行く。

目標の時間が明け方であるので当然、登るのは夜半3時頃には到着する。途中、民家の間を通過する時、山から

降りて来て畑で食事中の大きな猪と出会う。この図体の上、振り向きざま眼を不気味に光らせてこちらを一瞥する。

こちらは車の中、生身ではないが、体当たりされた日には正直負けるかもしれないと恐怖心が起った。

いずれにしろ、目の前で動いているのを見ると圧倒されてしまい、相手を刺激しないように静かに別れた。


登り始めてから道は少し狭いが、頂上までは舗装されている綺麗な道。頂上には駐車場が整備されており10台余りのスペースがある。

但し、トイレは登上 中ほどの一ヶ所しかないので、そこで用を足してから登るより他はない。






三原港の暁光




三原港の夜明け


正面奥の左寄りの橋は尾道〜向島間 しまなみ海道の大橋。


今回も気温が思ったほど下がらず、冴えない。地元のカメラマンからもあまり良い言葉は出ない。


Nikon D300 / renz: AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED / 24mm / f=6.3 / ss:360.4sec / manual / ISO:200






瀬戸内の海霧




海霧


とりあえず、申し訳程度出てくれた。


実際この年は海霧の発生状況は良くなかったらしい。何とか少しでも見せてくれた事に感謝したい。


Nikon D300 / renz: AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED / 70mm / f=6.3 / ss: 1/200sec / manual / ISO:200





いつも朝陽や夕陽もそうだが、ワクワクして準備をしながら待つ時間が良い。目的があるのでもちろん結果は大事だが、


同じ目的を持つカメラマンが横に並ぶ。コミュニケーションが生まれ、情報収集の場になる。これが一番楽しい!





posted by Hiro at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。