2014年02月09日

自然の洗濯機 渦潮


 ラーメンに盛りつけられるお馴染 鳴門巻き。御存知蒲鉾の一種だが、

ここ鳴門の渦潮にちなんだ蒲鉾である事は周知の事実である。 たまたま家内の実家で所用があったので

帰省する途中、鳴門に立寄ってこの渦潮を見てやろうと思い立った。(撮影は、2013年2月9日のもの)

 鳴門の渦潮を観たのは実はこの日が初めてで、日によって(正確には潮位の干満の大きさによって)渦潮の

巻きの大きさが違うのを知った。ちなみにこの画像の日はかなり大きな渦潮だったようである。

この徳島、鳴門は紀伊水道から瀬戸内海へと入り込んでいる中間に位置する。その間に淡路島があったり、

小さな島々によって狭くなったり、複雑な地形をしている。そのせいで湾内に流れ込むとても激しく、速い潮流

が見られたりする。






鳴門の渦潮




渦潮の道と遊覧船。


こちらも遊覧船からの眺めだが、間近で見るとかなりの迫力。


Nikon D3x / renz: AF-S VR Zoom Nikkor ED24-70mm F2.8G / 24mm / f=8 / ss:1/125sec / manual / ISO:100



続き・・・
posted by Hiro at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

冬の風物詩 川面を彩るシラス漁

 桜が咲き始めた頃に冬の風物詩と云うのも季節感の無い話だが、このままおくと陽の目を見るのに3年位

かかりそうなので久々記事を書きとどめることにする。2月9日の深夜1時頃より3時くらいまでだったろうか。

吉野川大橋と吉野川橋の上から集魚灯を点けて行きつ戻りつの小型船を追っかけた。

この時期の河口付近の橋上は想像以上の寒さ。防寒対策は行っていたつもりだが、川面から伝って来る冷たい

風に身体の芯まで凍てつくようだ。


暗い新月の夜、干潮の時刻などの好条件が揃わないと収獲が望めないと云うシラス漁。集魚灯を点けながら

浮き上がる(日本鰻の稚魚)を網ですくう伝統的な漁法だ。ただ、年々不漁になって来ている為か、出漁が

目立って減っていると云う話を聞いた事がある。

この日は、事前に情報も有り、かなりの好条件だったようだ。せっかく徳島まで訪れるのであれば、漁が

行われる確率が高い時に行きたい。と出掛けたが・・・・・




シラス漁




シラス漁の夫婦舟


Nikon D300 / renz: ••AF-S VR Zoom Nikkor ED70-200mm F2.8G / 70mm / ss:1/20sec / manual / ISO:1600




続き・・・
posted by Hiro at 18:07 | TrackBack(0) | 徳島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。