2014年02月23日

軍港都市 佐世保港


 久々に思い出した。昨年末から今年の年始の九州の旅を。

大分、福岡、佐賀から長崎の平戸を経て、佐世保へ入る。

前日の12月30日は伊万里で泊まったが、本旅で一番天気が悪くなり呼子ではとうとう雨に降られてしまった。

 夜明けの平戸 河内峠、霞んで景色は全く見えない!また雨も少し降り出した。

週刊予報でも年末年始の空模様、九州北部はあまりよくない。長崎の夜景や夕景を楽しみにしていただけに現地

に近づくにつれ、しだいに気が重くなって来る。嘆いても仕方が無い!ここ平戸のコインランドリーで洗濯しながら、

お茶が飲める時間まで待つ。平戸の六曜館で珈琲を飲ませてもらっている間に雨が上がって、晴れ間が出てきた!

 少し気も晴れて次の目的地、佐世保に向かう。ここも晴れている。

かなり霞んで靄っているのだが(これがPM2.5だろう!何とかならないものか?)

そんな事を思いながら、2年ぶりにまた来てしまった。長崎に!

 この九十九島の眺望、何度眺めてもいい。西海の地の光景にまたの来訪を誓って帰ろう。






佐世保 九十九島の夕景




九十九島の夕景。


さすがに強風が吹き荒れ、刻々と気温が低下しているのが身に滲みて判る。


Nikon D3x / renz: AF-S VR Zoom Nikkor ED24-70mm F2.8G / 24mm / f=11 / ss:1/40sec / manual / ISO:100



きみに教えよう 九十九島の 春の訪れを・・・・・
posted by Hiro at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

南蛮文化と共に栄えた西端の港湾都市 長崎の夜景 T

今回の冬季休暇で旅した九州。

とは云っても訪れたのは大分、福岡、佐賀、長崎、熊本の5県!

上半分を約7日間、マイカーで好きな写真を撮りながら周って来た。

素晴らしい九州、本当はもっとゆっくり じっくりと 出来れば一か月くらい巡ってみたいのだが、

時間的にも経済的にも、それはしばらく許してもらえそうにない。

 
 旅を前にして(何でもいいので)予備知識をと、野村義文氏の天草四郎と鶴田文史氏の五足の靴を

読み漁った。そう 以前より長崎、島原、天草に訪れた時、石碑に目を留めた時から気になっていた。

何度も訪れているのに、ほとんど見ていない!勿体ない事をしていた。今回は、乏しい知識ではあるが、

違った目で見てやろう。(近代を代表する紀行文をどれだけ理解しているか疑問ではあるが!)

 五足の靴では無いが、二足の靴で幸い今回の旅のコースが、少し似ている。実際、巡って帰宅してから

もう一度、読んでみたい。明治の文豪の多感な頃の詩を。





長崎の夜景 〜稲佐山より〜




稲佐山からの夜景。長崎入りする前日まで(伊万里)辺りはとても冷えたが


残念ながら、日本三大夜景のひとつ、長崎の夜景、この日は気温も上がって霞んでしまった。



五足の人は眺める事はなかったろう長崎の夜景


この稲佐山の麓、悟真寺と稲佐国際墓地の北側に稲佐遊郭があったらしいのだが、そこへは訪れていたらしい。


Nikon D300 / renz: AF-S VR Zoom Nikkor ED14-24mm F2.8G / 20mm / f=8 / ss:5sec / manual / ISO:200


続き・・・
posted by Hiro at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。